車両保険

車両保険

等級ダウン 事故

 

車両保険は「契約した車の修理費用などを補償するもの」です。

 

車両保険で支払われる保険金の支払限度額を「車両保険金額」といいます。
車両保険での損害額は、車両保険金額までしか補償されないということです。

 

60万円の車を修理することになって修理費用が70万かかっても、60万円までしか保険で戻ってこないということです。

 

車両保険金額は保険契約時の時価相当額で設定します。
自分の好きな金額で契約することは出来ないのです。

 

この時価相当額というのは、市場での販売価格の相当額です。
ということは時間が経過すると車の価値が下がり、時価相当額は減ってしまいますから、保険に設定できる車両保険金額も低くなるというわけです。

 

補償範囲の広い「一般型」と補償範囲を限定した「エコノミー型」とがあります。
よって、エコノミー型は一般型よりも保険料が安くなります。

 

・エコノミー型:火災や爆発・落書きやいたずら・窓ガラスの破損・飛来中もしくは落下中の他物との衝突・他の自動車との衝突や接触・台風や竜巻や洪水や高潮・盗難

 

・一般型:火災や爆発・落書きやいたずら・窓ガラスの破損・飛来中もしくは落下中の他物との衝突・他の自動車との衝突や接触・台風や竜巻や洪水や高潮・盗難
そして、電柱に衝突・自転車との接触・当て逃げ・転覆や墜落

 

※車両保険は事故によって損害が生じた時しか補償されませんので、故障による損害は対象外となります。
※また飲酒運転、無免許運転、危険ドラッグ使用などでの事故も補償の対象外となります。

 

車両保険をつけると保険料がかなり上がりますから、つけるかどうかは自分で決めましょう。
ローンが残っている車や市場価値の高い車はつけておいたほうがよさそうです。