セカンドカー割引 対物賠償

対物賠償

対物賠償

 

任意保険を契約した車で他人の車や家の壁、電柱やカードレールや信号機などを壊して損害賠償責任を負った場合に補償するものです。

 

対物賠償も契約時に設定した保険金額が上限なので、無制限にするのがオススメです。

 

なぜなら電柱やガードレール、信号機の修理費用は実費以外にも工事費用が必要となるのでかなり高額になります。
一般の人が簡単に支払うことのできる金額ではありません。

 

自分のためにも対物賠償は無制限で契約することをオススメします。

 

工事の一例
電柱の修理費用:30〜50万円、電線などの断線があると100万円以上
ガードレールの修理費用:1枚5〜10万円
信号機の修理費用:100万円以上

※これらは事故の状況によりますし、修理費用は言い値となるので高額となっても仕方がありません。

 

対物賠償の場合も「他人の物」が補償対象ですから、例えば自分の家の壁を壊したりした時には保険金が下りません。