セカンドカー割引 見積もり

セカンドカー割引 相場

セカンドカー割引 安い

セカンドカー割引 任意保険

セカンドカー割引 格安

セカンドカー割引 見積もり

 

最近は一家に2台以上の車を持つ家庭が多いですね。
自動車が2台あったら、それぞれに対して任意保険に加入しなければなりません。

 

若い人や久しぶりに車を運転するペーパードライバーの方は、運転が未熟とみなされて自動車任意保険の保険料は高く設定されています。

 

車を運転するなら絶対に加入しておかなければならない任意保険、少しでも保険料を安くしたいと思いませんか?

 

もしかしたら新しく買った2台目の自動車保険には、セカンドカー割引が適用されるかもしれません。

 

・1台目はお父さんが通勤用に使うので、お母さん用に軽自動車を買った。
・息子が免許を取ったので、車を購入した。

 

このような場合はセカンドカー割引の対象かもしれません。

 

セカンドカー割引の対象であるにはいくつか条件がありますが、これをパスしているようなら個別に任意保険に加入するよりも保険料が安くなるかもしれません。

 

セカンド割引のある自動車保険も、一括見積もりサイトで探すのがオススメです。

 

 

1度年齢や車種などの情報を入力して送信するだけで、大手を含む複数の自動車保険会社から見積もりを簡単に取ることができます。
しかし心配なことも・・・。

 

セカンドカー割引 任意保険

 

多くの自動車保険会社はハガキや封書で見積もりを送ってくれますので、後でゆっくり比較して選ぶことができます。

 

自動車保険は毎年更新の掛け捨ての保険ですから、あまり保険料が高すぎるのも困りもの。

 

まして2台分となると、結構な保険料になりますから、ぜひ一括見積もりをご活用くださいね。

 

 

自動車保険のノンフリート等級とは?

 

自動車保険 ノンフリート等級

 

先に出てきた「ノンフリート等級」ってどんなものでしょう?
ノンフリート等級は自動車保険の保険料の割引率や割増率を決める区分です。

 

初めて保険に加入する人はまず6等級からスタートし、1年間無事故であれば翌年は1等級上がり7等級になります。

 

そして7等級になると前年よりも保険料が割引されるのです。
これを毎年くり返すと最高で20等級まで上がり、20等級になると初年度に比べて格段に保険料が安くなるのです。

 

しかし、もし事故があった場合はどうなるのでしょう?

 

事故の種類によって、3等級もしくは1等級下がります。

 

例えば13等級で事故があった場合、翌年は10等級となり保険料が翌年よりもアップします。
最低は1等級であり、そこから下がることはありません。

 

ここで注目なのですが、ノンフリート等級は保険会社を変更しても引き継ぐことができます。
つまり途中で保険会社を変更しても保険料の割引が受けられるということです。

 

ただし7等級以上の場合は満期日や解約日から、次の保険始期日まで8日以上空くと等級を引き継ぐことができなくなってしまいますのでご注意ください。
等級が引き継げなかった場合は6等級からのスタートになります。

 

選択された等級は保険会社間の情報交換制度によって確認されますので、保険料を安くしたいと思ってウソの申告をしてもばれます。
申し込みの際は、必ず正しい等級を記入してくださいね。

 

共済には等級の引き継ぎが出来る共済とそうでない共済がありますので、保険会社にご確認ください。

 

 

自動車保険の補償

 

自動車保険 補償内容

 

では自動車保険にはどのような補償内容があるのでしょうか?
専門用語でややこしく感じますが、実は大きく分けると4種類の補償があります。

 

@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険です。
どんなものかみていきましょう。

 

@対人賠償:契約車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

A対物賠償:契約車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

B人身傷害:契約車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

C車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。
補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

身体への賠償と車などへの賠償、事故相手への賠償と自分への賠償の組み合わせなのです。
この他に、上乗せや特約などを付加して自分のピッタリ合う自動車任意保険へとカスタマイズしていきます。

 

保険会社によっては特約がもともとついているものもありますので、しっかり内容を確認してくださいね。

 

 

それそれの賠償の理想的な金額

 

自動車保険 補償 金額

 

さてどんなものがあるのかはだいたい分かったかと思います。
この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をいくらに設定するかによって、月々の保険料がかなり変わります。
オススメは以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

なぜそうなるのか細かく見て行きましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
もし万が一、事故の相手を死傷させた場合は億単位の賠償金を請求されることもあり得ます。自分の将来が大きく変わります。
もしもに備えて、対人賠償は無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理は工事費用もかかるため非常に高額です。
もしもに備えて、対物賠償も無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最近は任意保険に加入していない人もいます。
相手が無保険の場合、最悪治療費が出ないケースもあります。無い袖は振れないのです。
人身傷害は自分を守るために最低限でもいいのでつけておきましょう。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。ローンが残っている車は加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

ロードサービスとは

 

ロードサービス

 

自動車保険は自動車事故の時だけ活躍するものではなく、契約車両のトラブルも対象となります。

 

それが車の故障や事故以外のトラブルなどに対応してくれるのが、ロードサービスです。
今は事故よりもロードサービスを利用する可能性のほうが高いかもしれませんので、どんなロードサービスがあるのか確認しておきましょう。

 

ロードサービスを利用しても等級はダウンせず、翌年の保険料に影響はありませんから車のトラブルには連絡先がすぐにわかるようにしておいてくださいね。
では、自動車保険のロードサービスにはどんなサービスがあるのでしょうか?

<車へのロードサービス>
@バッテリー上がり
Aパンク
Bキーの閉じ込め
Cガス欠
Dレッカー移動
Eその他のトラブル

 

<人へのロードサービス>
契約している車が動かなくなった場合に、置き去りは困りますね

 

@帰宅費用サポート(自宅もしくは目的地まで)
Aレンタカー費用サポート(24時間まで)
B宿泊費用サポート(1泊まで)

 

 

このようなサービスが一般的ですが、内容は保険会社によって異なります。

 

例えば保険会社によってレッカー移動が「50kmまで無料」のところと「100kmまで無料」のところがあります。
どんなロードサービスがあるのか、保険に加入する前に確認して保険を選ぶ際の参考にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車保険って何?

 

自動車保険のしくみ

 

自動車保険に加入せずして、車を運転することはすごく怖いことです。
事故を起こそうとして起こす人はいませんが、それでも自分が交通事故の被害者にも加害者にもなる可能性があります。

 

自動車保険は交通事故を起こしてしまった場合に頼もしい味方となりますから、しっかり理解してくださいね。
とはいえ、専門用語が多くて非常にわかりにくいのも事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険会社がやってくれること

 

任意保険を使わないに越したことはありませんが、車両で事故を起こしてしまった場合は保険は実に頼りになります。
では実際にはどんなことをやってくれるのでしょうか?口コミやネット評判とどのようにちがうのでしょうか。

 

多くの方が担当者が事故現場に来てくれてテキパキ処理してくれると思っているのですが、損保や店舗型でもそうではありません。
あくまでも保険会社はお金のこと、示談交渉や損害賠償金の話し合いなどをするものです。ダイレクトや人気によって違ってくるものではありません。

 

事故現場で警察を呼んだり、現場検証に立ち合うのは自分自身です。金額や通販型などで満足度が違ってくるのではないのです。
事故証明書発行手続きをもらって、過失割合を警察に出してもらったら保険会社の出番です。

 

事故相手への連絡や示談交渉、病院への治療費の支払い、弁護士の手配などあなたに代わっていろいろ動いてくれます。
事故の場合、被害者になるのか加害者になるのかではその後の対応が変わってきます。

 

何も言わないと、自分は悪くないのに相手が突っ込んできたという証言が本当のようになることもあります。事故の時の状況をメモしたり、目撃者に協力してもらったりと証拠集めは大切です。
格安、激安だから保険会社がやってくれないとかいうことはなくて、自分で対応しなくてはならないのが一般的なんです。
最近は車にドライブレコーダーをつける人も増えています。
自分を守るためにつけておくと安心ですね。

 

あとは安値と比較することで相場と確かめてシュミレーションしてみるといいですね。
キャンペーンなどもみてみるのがおすすめです。

 

 

 

 

 

車 保険 若い 自動車保険 一番安いところ プリウス 保険料 安く